今回は、看護師になりない人たちの参考になるように、看護師の仕事内容を簡単に解説していきたいと思います。

看護師になりたい!と思っても仕事内容はパッと浮かんできませんよね。

仕事内容はたくさんありとても大変そうと感じる人も多くいると思います。

そんな悩みを解消するために、さっそく紹介していきたいと思います。

看護師の仕事内容について

看護師は、病棟や診療科に分かれて担当しているので、病棟や診療科によって、診察や治療の内容も変化してくるため、仕事内容は多少違ってくるとは思いますが、おもにこのような仕事内容を担当し行なっております。

・医師の診察、治療の補助

・患者の移送

・病院の巡回

・バイタルサインチェック(体温、血圧、脈拍の測定)

・入院患者の食事、入浴、排泄の補助

・ベットメーキング

・入院患者の体位交換

・患者のカルテの記入

・注射、点滴、採血

・夜間の巡回、ナースコールの対応

・職員同士でのミーティング

・手術の準備、手術の補助

などが仕事内容となります。

多くの仕事内容がある中で、看護師になるということはとても容易ではないこと、看護師の仕事はやりがいもありつつ、大変な仕事であることが理解できるでしょう。

また、患者さんや同じ看護師さんとのコミュニケーションもかなり必要となってくると思います。どんなに忙しくても、たとえ疲れていたとしても優しく寄り添えるように働く必要もあるでしょう。

看護師の勤務について

看護師の仕事の医師の診察、治療の補助は病院の診察を行っている時間だけですが、その他に病棟看護師ですと、入院患者のための仕事を24時間行わなければならないため、勤務体制というのは大事な点になってくると思います。

やはり、「日勤」と「夜勤」があり交互にシフト分けされ仕事をしていくということになるでしょう。そのため、就寝時間も一定ではなくなり生活スタイルも普通の人とは違いかなり変化してくることがあります。

例えば、1週間のシフト例を出しますと

休 日 夜 夜 休 日 休

のようなシフトになってくると思います。

自分が働くイメージをぜひしてみてください。

まとめ

看護師の仕事内容は病院や診療科によってやはり違います。

その中で、患者さんのケア、医師の診察、治療の補助を行うという基本的な看護師の仕事はどこの病院、診療科でも変わらないでしょう。

また、勤務時間が日勤、夜勤とあるため自分の生活リズムを変化させ柔軟に働く必要があります。日勤と夜勤となると仕事内容も変化してくるため柔軟な対応が必要不可欠となってくるでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。