みなさんが夢見ている看護師。看護師になるのはとても大変なことです。また仕事自体もとても大変でしょう。その中で、看護師はどのくらいの給料、年収をもらっているのでしょうか。やはり、病院勤なので給料、年収は高そうですよね。

今回は、看護師の年収、給料を徹底的に見ていきたいと思います。

看護師の給料

一般的に、病院勤の看護師の給料は高いと思われているようですが、実際どうなんでしょうか。看護師の給料、年収について見ていきましょう。

・同世代の平均より多い

看護師の給料は、同世代の平均の給料より高い傾向にあります。

やはり、看護師という職業は、看護師になるのが難しいことや、仕事の大変さから給料は人より高いようですね。なくてはならない仕事のためでしょうか。

ちなみに看護師の平均月収は30万前後、ボーナスは50万〜100万円、平均年収は450万ほどのようです。

あくまで平均ですので注意してください。

やはり、勤務先によって多少は変化が出てくるようです。

また、看護師の年収は400万〜600万円くらいが相場のようです。

女性で考えると、かなり多い年収ですね。

しかし、考えると看護師になるのには大変な道のりを歩むことや、仕事の大変さ、夜勤のため睡眠不足や生活リズムの崩れを考えたら高い給料とは少し言えないかもしれませんね。

看護師の給料の内訳

こちらでは、給料明細を見ていきましょう。

「基本給」(毎月必ず支払われる基本料金、最低賃金)と言われる給料は、一般的な人よりやや高いですが、看護師の給料の高い秘訣は各種手当にあります。

看護師の仕事の各種手当は、夜勤手当、休日手当、認定看護師手当などがあるようです。

夜勤手当は、この中でも一番高い手当となっており、多いときは3万円以上つくこともあるそうです。

日勤でも、日曜・祝日、正月に出勤した場合は、休日手当がつきます。

また、より深い知識や、経験を生かして認定看護師の資格をとると手当がつきます。

まとめ

やはり、同年代の他の仕事をしている人と比べると、少しは高い給料をもらっているようです。しかし、看護師になるところから仕事の大変さを考えたら少し物足りない感じもしますね。体力的にも人の命に関わるということで精神的にも大変で重い責任があるということで大変な仕事ではあります。給料が高くて安定しているとだけを考えて看護師になりたいと思う人は考え直したほうがいいでしょう。

しかし、手当などはしっかり充実しているので、看護師を目指している人は参考にして欲しいですね。