看護師は国家資格であり、求人募集も多く、人気の職業です。

また女性の場合、結婚や出産を機に一度現場を離れても、育児が落ち着いてから復職する人が非常に多い職業でもあります。

やりがいのある仕事である看護師は、どのようなキャリアアップができるのでしょうか?

ここでは、看護師のキャリアアップについてまとめてみましょう。

看護師にとってのキャリアアップ

看護師にとってのキャリアアップとはどのようなことを意味するのでしょうか?

働いている組織の中で、昇進をして管理職になることはもちろんキャリアアップですが、それだけではありません。

看護師であれば専門的分野の資格を新たに取得したり、経験を積んでスキルアップしたりすることもキャリアアップにつながるでしょう。

特に最近では、医療が高度化、複雑化しています。

そのため、各医療現場においては、専門的な知識や技術を持った看護師が必要とされており、それぞれの各分野にスペシャリストな看護師が増えているのです。

キャリアアップのためには資格取得は重要

キャリアアップを目指すのであれば、看護師の資格以外にも、新たな資格を取得することが重要でしょう。

働きながら新たな資格を取得するのは大変ですが、キャリアアップのためには欠かせません。

資格取得には、一定期間の実務経験だけではなく、研修や授業を受ける必要がある場合もあるでしょう。

看護師のキャリアアップに必要な資格とは?

今以上にもっと上を目指したいという向上心の高い人は多いです。

看護師のキャリアアップには資格が重要になるでしょう。

スキルアップのために取得したい資格としては

・認定看護師

・専門看護師

・特定行為看護師

などがあります。

それぞれ簡単にまとめてみましょう。

・認定看護師

21の特定分野において、高い技術、知識を持っていると認められた人だけが取得できる看護師です。

質の高い看護を行うのはもちろんですが、後輩への指導、教育、相談なども行わなければなりません。

・専門看護師

看護のプロフェッショナルで、13の専門分野に特化しています。

家族の心理的ケア、医療従事者として教育やマネジメントなどでも活躍します。

・特定行為看護師

在宅医療の推進目的でできた制度です。

通常であれば、医師の判断と指示がなければできない医療行為を、医師が作成した手順書に基づいて看護師が行うことができます。

キャリアアップにつながる資格はたくさんある

上記で紹介した資格のほかにも、ケアマネージャー、フットケア指導士、呼吸ケア指導士など、キャリアップにつながる資格はたくさんあります。

専門分野に対して幅広い知識や技術があるということは、看護師としての強みになるでしょう。

まとめ

看護師としてキャリアアップをするためには、新たな資格の取得は非常に重要です。

また、キャリアアップすることで、仕事への責任感が増えて、やりがいを感じることができるでしょう。

また昇進による給料アップ、資格手当が付く、転職で有利になるなど、様々なメリットが得られますよ。