入院や通院をきっかけに看護師に興味を持ったことがある方は多いと思います。

病院で働いている看護師の方々は、バリバリ仕事をしていてかっこいいですよね。私も憧れを持ったことはあります。しかし、医療系の仕事につくのは覚悟がいりますし決して容易な道ではないということはお分かりのはずです。今回は、どうやって看護師になるのか、どういう道のりで看護師になれるのか解説していきたいと思います。

看護師になるには

看護師になるには、看護師国家資格に合格しなければなりません。そのためには、受験資格をクリアする必要があります。受験資格は、大学や3年生短大の看護系の学科、病院や大学の医学部に付属をしている3年生の看護学校を卒業していることです。看護系の学校に入学し卒業する必要があります。また、卒業時に保健師、助産師の国家資格受験資格も得ることが可能です。しかし、保健師・助産師になるためには、看護師国家試験に合格していなければなりません。

看護師になりたい人の学校の選び方

まずは、看護師を目指すために勉強をしなければなりません。やはり、看護師という仕事は、命を預かる仕事であり信頼と責任を持っています。看護師国家資格というものは、生半可な努力では絶対合格することは難しいでしょう。そのために、自分の勉強を後押ししてくれるような学校に入学することが必要です。

・4年制大学

看護師になるための学業の他に一般教養科目が充実しており、看護師の勉強をしながらも大学生らしく、教授の考えを聞けるなどあらゆる知識、教養を身につけることができます。

看護師国家試験に合格するための勉強や、実習を早くからたくさんやりたい人には少し向かないかもしれません。しかし、看護師と同時進行で保健師・助産師の国家試験受験資格を得ることができます。

・3年制の専門学校

先ほどの、大学とは違い、看護師になるための勉強をするところです。夢が絶対看護師という人にはオススメですね。やはり大学とは違い、実習や実技が充実しており看護師になるためにはすごく良い学校だと思います。また、大学より1年先に卒業できるため、看護師に早くなりたい人は一歩看護師の夢が近づくでしょう。

・3年制の短大

こちらは、一般教養も学びつつ1年早く看護師に近づくという2つのメリットがあります。すごく良い!と思う人がいると思いますが、学校自体がそんなに多くはないことが実状です。しかし、多くはないといえ、学校はありますので一生懸命受験勉強をして入ることは可能です。

まとめ

看護師になるためには、厳しい道を歩んで行く必要がありますね。

どの学校に行ったとしても、本当に努力しないと看護師にはなれません。看護師を学べる学校というだけで、スタートラインに立っただけです。看護師という仕事は、本当に信頼と責任で成り立っています。人の命はお金には変えることはできませんからね。看護師国家資格に受かるように勉強し、実際、病院で使える人材になるために頑張っていきましょう。