ほかの職種同様、看護師も入職するにあたって面接試験を受けるのが一般的です。採用されるために面接でどのようなことに気を付けるべきか、以下にまとめました。服装や言動で当日気を付けるべきポイントがいくつかあります。

1.面接時の服装

トップスはジャケットを着用しましょう。黒やチャコールグレー、紺などの落ち着いた色合いのものがおすすめです。その下には白いシャツもしくはブラウスを着用します。ボトムスはスカートでもパンツルックでも大丈夫です。スカートの場合、ひざ丈のものであまり露出の高くないものを身につけます。靴はシンプルなデザインの黒のパンプスがいいです。ヒールがあまり高すぎると移動するときなど大変ですから、程よい高さのものがおすすめです。

・メイクはどうする

いわゆるナチュラルメイクをベースとします。イメージ的には実際勤務しているときのメイクを参考にするといいでしょう。あまり派手だと看護師にふさわしくないと判断されかねません。あと爪は短く切っておいた方が衛生的で、看護師の心得があると思われます。マニキュアをつけていても問題ないですが、薄めのピンクなどあまり派手なものは控えたほうがいいです。

2.事前準備は重要

「どうせ面接当日何を聞かれるかわからないから」と準備せずに面接に臨む人もいるようです。しかし準備していないと口ごもったり、不適格な答えになったりするので印象が良くありません。下準備をしたうえで面接に臨みましょう。まずは試験を受ける病院の情報収集をしておきましょう。ホームページをチェックして、治療方針やどんな診療科目があるなど調べておきます。

それを踏まえて志望動機や自己PRをまとめておきましょう。これ以外にも今までのキャリアや看護師として大切にしていることなどはどこでも聞かれる定番の質問です。スムーズに答えられるように、前もって準備しておくことが好ましいです。

・簡潔に答えること

相手の質問に対して、できるだけいろいろと話したい、アピールしたいと思いがちです。しかし面接時間は限りがあるので、シンプルにまとめたほうがいいです。そのためにも前もって答えを準備したほうがいいわけです。

3.まとめ

せっかく優れたスキルやキャリアを持っているにもかかわらず、面接の立ち振る舞いがダメでなかなか職場が見つからないという看護師も多いです。しかし上で紹介したように、しっかり準備しておけば自分の魅力を伝えられるはずです。